守り髪を損せずに購入するなら公式直販通販サイトです。

 

http://www.mamorigami.co.jp/

↑↑↑↑↑

守り髪の公式通販サイトはこちらです

 

守り髪をお得に損せずに購入しようと思って色々調べますよね。何を隠そう私も守り髪が欲しくて、色々調べたのでここに書いておきますね。皆様の守り髪を購入前の参考になれば幸いです。

 

 

忙しい方もいらっしゃるかと思いますので、結論を先に書いておきますね。守り髪をお得に購入するなら公式通販サイトです。

 

 

以下、守り髪を損せずに買うなら公式通販サイトとなった、その結果に至った経緯を書いておきますので、良かったら参考になさって下さい。

守り髪を薬局・ドラッグストア・Amazon・楽天などでの価格を確認してみた結果…

 

守り髪を薬局・ドラッグストア・Amazon・楽天

 

まず市販において販売店を色々調べてみましたのですが、守り髪はマツモトキヨシなどの大手ドラッグストアでは売られていませんでした。この点についてネット上でも色々検索してみたのですが、守り髪が市販においてある販売店があるとの情報は得られませんでした。

 

次に守り髪の通販の販売店をチェックしてみました。まずは楽天ですね。楽天というとポイントも持っている人も多いので購入したいと思う方も多いかと思いますが、残念ながら楽天では守り髪は販売されていませんでした。
守り髪の楽天の検索結果はhttp://www.rakuten.co.jp/

 

次にAmazonです。守り髪はAmazonでは売っていました!ですが、値段・特典などが付いていることを含め、「公式サイトの方がお得になっていました。」値段的にもそうなんですが、やっぱり公式サイト直販から守り髪を買った方が、何かと安心感がありますのでおすすめですね。
守り髪のアマゾンの検索結果はhttp://www.amazon.co.jp/

 

公式サイトでは守り髪は定期コースでの注文がとってもお得になります。でも初めて購入するのに定期コースは気が引けるなぁ~なんて方は多いかと思います。私もそう思いましたからね。

 

ですが、守り髪は、特典にも書かれているように、「いつでも休止がOK」なのでそのあたりは安心ですよ。

 

その他にも守り髪は定期コースではお得な特典が沢山あるので、この機会に公式サイトで守り髪の詳細を確認してみると良いですよ。

 

http://www.mamorigami.co.jp/

↑↑↑↑↑

守り髪の公式通販サイトはこちら

強く美しい髪を目指すなら

 

 

 

 

守り髪の成分などについて

 

守り髪

 

ナノダメージセンサー機能(TM)CMCによってダメージを受けて空洞化してしまった部分へと浸透をするので、髪の内部から髪を改善して切れ毛・パサつきを防ぎます。修復は髪のダメージを受けた部分を感知して、成分が浸透していきます。

 

ナノリペアーELは熱によって髪の毛を修復するアンチエイジング成分で、普段使うドライヤーなどの熱を当てる事によって毛髪成分と結合し、髪のコシ・ハリを改善していきます。

 

アミノ系保湿成分によって髪の外側の水分を、内部に浸透させて、切れ毛パサつきを改善し、髪のボリュームをアップを図ります。

 

次に地肌についてはアルガンオイルによって、地肌と髪の栄養補給と髪のつやを改善してくれます。

 

ヒアロベールは洗っても流れ落ちないので、髪にキューティクルが吸着して髪の表面をきれいに整えてくれます。

 

その他、シアバター(紫外線のダメージを防ぐ)、メドウフォームδラクトン(加熱によって髪と結合し、髪を強化)、加水分解シルク(皮膜効果によって毛髪を強くし熱のダメージから髪を保護する)などが含まれています。

 

 

また守り髪には使い心地にもこだわったソープナッツエキスが配合され、泡立ちにもこだわりを持っています。泡立ちがもっちりとして弾力のある泡がリッチな気分にしてくれます。
香りもアンティーク・ローズの香りによって癒し効果もあります。

 

守り髪はこのように成分にこだわり、シャンプーをすればするほど、強くて綺麗な髪へと導いてくれます。

 

 

 

アルガンオイルの頭皮への効果

守り髪に含まれているアルガンオイルについてもう少し知りたかったので、調べてみたことを書いてみたいと思います。
なお効果に関しては個人差があります。

 

アルガンオイルによる効果が見込めるとされているのは以下の事項になります。

  • 頭皮のターンオーバーを正常な周期にし、健康的な状態を保つ
  • 有害な活性酸素を無害化し、頭皮の細胞の劣化を予防する
  • 頭皮の乾燥を防ぐ
  • 保湿効果が高い

 

など、頭皮にとって理想的な状態に導いてくれる成分です。
頭皮はとてもデリケートで、環境変化などでかゆみやフケが出たりしやすい箇所です。
日頃からの丁寧なケアがとても重要になってきます。

 

守り髪の気になる口コミと効果は?

守り髪の口コミと効果

 

守り髪はどんな口コミがあるのかとっても気になるところ。守り髪の使用感や香りなど参考になる口コミをピックアップしてみました。守り髪の購入を検討しているあなたの参考になれば幸いです。

 

 

少しの量で泡立つのでコスパがとっても良く、香りも上品で高級感があります。
まるでサロンでシャンプーしているみたいです。
シャンプーだけでもごわごわの私の髪が落ち着いてきましたので、シャンプーするのがとっても楽しみになりました。【50歳・女性】


 

使用した感じは、しっとりして、ふんわりといった感じに仕上がりました。
髪質はかなり細くて、柔らかく、しかもダメージを受けていたのですが、このシャンプーを使用してから、するりとなめらかな髪に近づきました。以前までは、乾かした後髪がボワーッと広がっていたのですが、最近ではそんな事も無くまとまってくれてセットもしやすいです。【18歳・女性】



 

このシャンプーはかなり良い香りがして気に入っています。少量でも泡立ちが良く経済的ですし、しばらく使用していると見えてた地肌が目立たないような感じがします。
髪の毛のセットもすぐ終わるので忙しい朝も安心。また手触りもよくツヤツヤです。【37歳・女性】


 

以上、守り髪の良い口コミの紹介をしました。

 

良い口コミばかりの紹介ではなく、守り髪の悪い口コミがないかも探してみました。

 

守り髪の悪い口コミはあるの?

守り髪は「ボリュームが出すぎる」との声が口コミにありました。中にはボリュームをおさえたいという方もいらっしゃると思いますので、書いておきます。
内容をより詳しく書くと、守り髪は「髪にボリュームが出すぎるが、髪にハリが出て健康的になるので、髪質が合う方には良い商品」という口コミでした。

 

以上から、守り髪は「髪質が細く、柔ららかい方」には、おすすめの良い商品と言えるのではないのでしょうか?

 

 

 

守り髪の全成分の詳細

守り髪を使用する上で、気になるのが成分です。ご自身の肌に合わない成分など気になる方は、守り髪の全成分を以下から確認をしておきましょう。
基本的に守り髪は、ノンシリコンで日本製なので、品質面ではとても安心です。

 

守り髪のシャンプー全成分

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドDEA・BG・ココイルグルタミン酸TEA・ココアンホ酢酸Na・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱ・γ-ドコサラクトン・クオタニウム-18・クオタニウム-33・ベヘントリモニウムクロリド・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解シルク・加水分解コラーゲン・メドウフォーム-δ-ラクトン・アルガニアスピノサ核油・サピンヅストリホリアツス果実エキス・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl・ポリクオタニウム-10・アラントイン・グリチルリチン酸2K・センブリエキス・オタネニンジン根エキス・ヒキオコシ葉/茎エキス・クララ根エキス・トウキンセンカ花エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・カミツレ花エキス・フユボダイジュ花エキス・ヤグルマギク花エキス・ローマカミツレ花エキス・フィトステロールズ・トコフェロール・シア脂・コレステロール・ラウロイルメチルアラニンNa・トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン・プロパンジオール・ペンチレングリコール・エタノール・PG・塩化Na・ペンテト酸・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

 

守り髪のトリートメント全成分

水・ベヘニルアルコール・パルミチン酸イソプロピル・PEG-10ヒマワリグリセリズ・ステアリルトリモニウムブロミド・ステアリン酸グリセリル・BG・イソプロパノール・ラノリン・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱ・γ-ドコサラクトン・クオタニウム-18・クオタニウム-33・ベヘントリモニウムクロリド・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解シルク・加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・メドウフォーム-δ-ラクトン・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ポリクオタニウム-10・アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl・アルガニアスピノサ核油・センブリエキス・オタネニンジン根エキス・ヒキオコシ葉/茎エキス・クララ根エキス・トウキンセンカ花エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・カミツレ花エキス・フユボダイジュ花エキス・ヤグルマギク花エキス・ローマカミツレ花エキス・アラントイン・グリチルリチン酸2K・フィトステロールズ・トコフェロール・オリーブ油・シア脂・コレステロール・イソステアロイル乳酸Na・ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル・プロパンジオール・ペンチレングリコール・エタノール・PG・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

 

 

 

守り髪を効果的に使用するために知っておくと良い情報を以下に掲載しました。気になる方はぜひ参考にしてくださいね!

守り髪を使用する上で気になる質問を紹介

シャンプーは朝と夜どっちにするのが良いか?

髪と地肌のためには、夜にシャンプーをして汚れを落とすことが良いです。夜にシャンプーをするメリットとしては、朝に髪がしっとりとしてまとまりが出るので、スタイリングがしやすくなる点です。ボリュームを出したいと考えている方は、セット前にシャンプーをすると良いでしょう。

頭皮のマッサージブラシの使用は効果的ですか?

頭皮のマッサージブラシを使用すると、人によっては皮脂をとりすぎることがあり、乾燥の原因となってしまうので、あまりおすすめは出来ません。
頭皮が脂っぽく痒みが出るという方には、地肌が乾燥している方も多いので、頭皮のマッサージブラシの使用の際は注意が必要です。

ドライヤーで髪を乾かす時のコツはありますか?

強い風で一気に短時間で乾かすのがポイントと言えます。髪は根元が厚く、毛先に行けば行くほど薄くなります。この理由から根元の方から乾かしていきます。
むりな乾かし過ぎによるオーバードライは髪に良くないですが、乾かし切って髪の摩擦を防ぐのが大切です。

トリートメントの置いておく時間はどのくらいがいいですか?

5分ほどが目安となります。というのは長くおけば効果が高くなるというものではないからです。基本的に3~5分くらい置けば、髪に浸透ます。

 

ダメージヘアのケア法とは?

 

ダメージヘア ケア

 

ダメージヘアは、まず正しいシャンプーからです。頭皮や髪の毛に余分な汚れや皮脂が付着していると髪にダメージを与え、健康で美しい髪の毛が育ちにくくなります。
綺麗な髪の毛を根元から育てるためにもしっかり汚れを落として、健康な髪を育てることが出来る環境に整えます。シャンプーを行う前にはブラッシングをして、頭皮の汚れを浮かしておきましょう。

 

髪の毛の摩擦によるダメージを減らすこともでき、シャンプーのときも絡まりにくくなるます。たっぷりのお湯を使って、予洗いを。
シャンプーは使わずに、お湯を流しながらマッサージするように洗います。髪の毛全体が濡れたらシャンプーを手にとって、手の平を使ってしっかり泡立てましょう。泡を使って頭皮の汚れを落として、優しく指の腹を使って洗います。

 

髪の毛を洗うのではなく、頭皮を中心に洗うことが大切。髪の毛を洗ってしまうと摩擦が起こりやすくなり、キューティクルが剥がれてしまいます。髪の毛の汚れは頭皮を洗っているときに落ちてくる泡だけで落とすことが出来るので、何もしなくても汚れは落ちます。頭皮をしっかり洗ったら、たっぷりのお湯を使って洗い流しましょう。
毛穴にシャンプーが残らないように、指の腹を使って洗い残しがないように注意です。

 

コンディショナーやリンスを使うときには一度タオルドライをして、水気を切っておきます。コンディショナーやリンスが浸透しやすくなり、髪の内側に栄養を与えることが可能。毛先を中心に塗るようにして、ダメージケアを行います。毛先は一番古い髪の毛なので傷みやすく、切れ毛や枝毛になりやすい部分です。きちんとケアをすることで、長い髪の毛でも艶々に。トリートメントは髪が傷んでいる人は小まめに、傷みが少ないときでも週に一回のペースで行います。

 

トリートメントは髪に必要な栄養を内側まで浸透し、キューティクルの補正をしてくれます。コンディショナーやリンスでは補いきれない栄養を与えてくれるので、綺麗な髪の毛に生まれ変わるでしょう。水気を切ってからトリートメントを髪の毛に塗ったら、熱いお湯で濡らしてから絞ったタオルを巻きます。蒸気で頭皮や髪の毛が温まり、成分がより浸透しやすくなるのです。そのまま数分間待って、お湯で洗い流します。水分をタオルで拭いたらドライヤーをして、髪を乾かします。濡れたままにしていると雑菌が繁殖しやすくなるので、トラブルを避けるためにも必ず乾かすようにしましょう。

 

女性の髪のヘアケア対策体験談まとめ

 

女性の髪のヘアケア対策体験談

 

ここでは、女性の方に髪のヘアケア対策の体験談を依頼してみました。

 

実際に髪のヘアケア対策をしている方の有益な情報を確認しておくと良いですよ。

 

トリートメントカラーにしてみたところ

白髪に悩んだ女性です。
私は髪が長くてしかも髪が痛みやすいのですが、白髪も生えてきて困っていました。
そこで、ヘアカラーをしてみたのですが、やはり髪の毛が痛んでしまいトリートメントをしてもまとまらない髪の毛になってしまいました。
そこで、トリートメントカラーにしてみたところ髪を傷めることなく白髪を染めることができてかつつやが出てきたのです。

 

ただトリートメントカラーをするのではなく、トリートメントカラーの2度付けをするようにしたところしっかりと染めることができたので今でもそうやって白髪染めをしています。
その方法はシャンプーする前に白髪の期になるところにトリートメントカラーを塗り込んで10分ほど浸透させてからシャンプーしてその後にまたトリートメントカラーを塗って10分ほど浸透させてから流すということをしています。

 

結構手軽にできるので、自宅のお風呂でも十分に染めることができます。(40歳)

 

髪の毛は毎回トリートメントでパックするようにしています

私は髪が細くて柔らかく、いわゆる猫っ毛というタイプです。そのためヘアケアにはかなりこだわっています。年齢的な問題から、最近白髪が増えたのですが、髪を染めた翌月は、まだチラホラ白髪が出ている程度なので、ヘアマニキュアにします。マニキュアは髪をコートしてくれるので、傷みにくくて良いです。そしてその翌月にまた染めるのとヘアエステをするというサイクルでいます。

 

自宅でも、1週間に1度はスカルプケアをし、髪の毛は毎回トリートメントでパックするようにしています。
また、先日台湾に行った時に台湾式シャンプーをアヴェダのサロンでお願いしましたが、帰国した後もしばらくは調子が良かったので、日本のアヴェダのサロンにも行ってみようと思っています。(39歳)

 

自分の頭皮に合っているなというシャンプー

私がヘアケアで良かったなと思った事は頭皮マッサージをしながらシャンプーをしている事です。
マッサージをするようになったら頭皮の質も変わってきてフケも出なく なりました。

 

毛のツヤも良くなって来たなという感じがあります。良くなかったなというヘアケアは高級なトリートメントを使ってみたらもっと頭皮や髪の状態も良くなるかなと思って高くて良い成分が入ったシャンプーやトリートメントを使ってみたら湿疹が出来てしまいました。

 

洗い方も頭皮マッサージも変わりなくやっていたのですが、シャンプーを変えてから頭皮が痒くなり始めてしまってしばらく皮膚科に通うようになってしまいました。自分の頭皮に合っているなというシャンプーはあまり変えない方が良いんだなと思いました。(29歳)

 

水分を補う習慣をつけてから、以前よりもパサつきが目立たなくなってきました。

私が愛用しているヘアケア用品のうち、特にお気に入りなのがアロマのヘアスプレーです。
スキンケア用品の専門店の体験教室で手作りしたもので、小さめのボトルに入れて携帯しています。

 

ミントの爽やかな香りで、髪を清潔に保つことができるので、お昼の休憩時などに使っています。
私は乾燥肌で、髪もパサつきやすいのが気になっていたのですが、スプレーで水分を補う習慣をつけてから、以前よりもパサつきが目立たなくなってきました。

 

夜のヘアケアだけでなく、日中にも髪への気遣いをすることがいかに大切かに気付かされました。友人から「髪の毛、いい香りだね」と褒められるようになったのも良かったです。市販のヘアスプレーは、香りが強過ぎたり、甘過ぎたりしてなかなか気に入るものが見つからなかったのですが、自然由来のミントの香りはしっくり馴染む感じがして気に入っています。(37歳)

 

 

シャンプー前のオイルパック

以前は美容師さんにも褒められるほどツヤツヤだったのに、パーマやカラーリングを繰り返しているうちに少しずつ傷みやパサつきが気になるようになってきてしまった私の髪。

 

美容院でのトリートメントは高くついてしまうのでホームケアだけでダメージを修復しようと試してみたのがシャンプー前のオイルパックでした。シャワーを浴びる前の乾いた状態の髪の毛の、毛先を中心にツバキ油をたっぷりと馴染ませ、蒸しタオルで髪を包み込むように巻いて、さらにその上からシャワーキャップをかぶって入浴して、10分ほどしてから普段通りにシャンプーをして、タオルドライの時に再度ツバキ油を少量馴染ませると、髪のしっとり感が全然違ってきます。

 

手軽にできて翌朝の髪も落ち着いていてすごく良い感じなのでおすすめです!(31歳)

 

 

少量のオイルをつけてからドライヤーで乾かす

以前、天然100%の植物のオイルでヘアケアをするのに凝っていた時期があります。
ケア方法は至ってシンプルで、シャンプー・コンディショナーの後、
タオルドライした髪に少量のオイルをつけてからドライヤーで乾かすというものでした。

 

 

週に一回程度はオイルでマッサージをした後にぬるま湯で流してからシャンプーするようにしていましたが、
頭皮が元気になって髪に栄養が行き渡るようになったのか、髪にコシが出たように感じました。
中でも椿オイルはドラッグストアでも簡単に手に入るし、効果も感じました。

 

 

つけ過ぎるとベタつくので注意が必要ですが、適量であれば髪が艶々で綺麗になります。
また少し高価でしたがオーガニックのホホバオイルは最初ベタついてもすぐに馴染み、髪がさらさらになるので気に入っていたのですが、
肌に合わなかったようで身体に蕁麻疹が出てしまいました。

 

 

100%天然の植物オイルは、一般的には肌に優しく赤ちゃんにも使えるそうですが、
天然ものゆえ力が強く、合わないの人には全く合わない事があるそうです。
植物オイルを使ったヘアケアは手軽に出来るので、自分に合ったオイルを見つける事が出来れば大変良いと感じています。(30歳)

 

 

日々のシャンプー

髪の毛がきれいだと気分が良いものですよね。ツヤがあってまとまりがあってサラサラで・・・と、理想を語りだしたらキリがないほどです。
きれいな髪の毛に憧れて、筆者も今まで色々なケアを試してきました。その中でもやっぱり大事だなと実感しているのが、
”日々のシャンプー”です。非常に基本的なことですが、この行程をしっかり行うことが毎日のケアの基本となるので、重要なポイントでもあるのです。

 

シャンプーの行程は、言ってみればヘアケアの最初のステップです。
お湯でしっかりと汚れを落としてから、自分の髪の毛にあったシャンプーを正しく使うことが、きれいな髪への第一歩となります。
髪質に合っていないものを使い続けて、余計なダメージを蓄積させたくはないですよね。

 

ですので、毎日使うシャンプーこそ、美容師さんに髪質をきちんと診断してもらって、選んでもらうのがベストかと思います。
市販でも今では珍しくなくなったノンシリコンシャンプーも、人によっては相性が違ってくるものです。
自分に合った成分、ダメージに効果的な成分を専門化にアドバイスしてもらい、
それに近い配合の製品を使用することで、日々のダメージも軽減できますよ。

 

トリートメントで栄養を与えることももちろん重要ですが、まずはなんと言ってもベースをしっかりと整えることが
その後のケアにも繋がる大切なステップではないでしょうか。

 

色々試して、使用感や仕上がりが理想に近いものを探してみてくださいね。
(29歳)

 

そんな時始めたのが椿油

 

私は以前カラーやパーマで髪が傷んでギジギシになっていました。そんな時始めたのが椿油です。
髪に良いとよく聞いていましたが、実際に使った事はなかったんですが毎日お風呂上がりにタオルで拭いた後髪全体と特に傷んでいた毛先を念入りに椿油をぬりました。

 

そして髪を乾かして乾かした後に最後にもう一回少しつけてましまた。椿油は匂いもないので髪に塗っても気にならなかったです。それをずっと続けていると、ギジギシだった髪がサラサラになって手で触っても傷んでいた時とは全然変わりました。

 

毛先も傷んで広がって髪がまとまらなかったのが、手ぐしで簡単にまとまるようになりました。後はやっぱりお風呂上がりに髪をきちんと乾かすのも大事だと思います。きっちり乾かさないで寝てしまったりしてたので余計傷んだんだと思います。だから今でも念入りに椿油を髪につけています。
(27歳)

 

私がマッサージを重視する理由

お風呂に入っている歳、まず髪の毛を洗う前に頭皮のマッサージをします。そして髪の毛を洗う歳も爪を使わないように指の腹でマッサージするように洗い、よくすすぎます。私がマッサージを重視する理由は、頭皮の状態によって、髪の毛の状態が変わると思うからです。

 

さらに、お風呂から出て、髪の毛の水気をタオルで取り、洗い流さないトリートメントをつけてドライヤーで乾かします。そうすることで、寝ている間の枕による傷みを軽減させることができます。
あとは、美容院に行った際に、頭皮マッサージ、ヘッドスパをしてもらったり、トリートメントを重点的にしてもらうことです。美容院でしてもらうトリートメントは自分でするトリートメントとはまったく違いように感じます。
(23歳)

 

タオルドライをしっかりしてから、オイル

 

私のヘアケア対策ですが、まず私は10代、20代前半の頃はヘアケアについて全く興味や関心がありませんでした。お風呂で髪を洗ってリンスして、乾かして終わりという感じでした。髪を染めたり、巻いたり髪を傷めるだけでした。
ですが、枝毛や静電気、パサパサ感を感じてヘアケアをしようと決めました。一番最初に始めたのは、リンスをした時にすぐに洗い流さずに3分位置くのから始めてみました。効果は、髪を乾かした時にサラサラになった気がしました。ですが、それは乾かしたすぐだけでした。

 

次に、タオルドライした後にオイルを塗って乾かすことをしてみました。結果は、乾かした後キューティクル感がありしっとりした感じになりました。私は、髪が長いので擦れてしまうので、寝るときはなるべく髪を結って寝ているようにしています。髪も肌と一緒で潤いが大事で、シャンプーやリンスだけでは効果は薄く、オイルを毎日やることで髪に潤いを与えることで、静電気も防ぐことができました。
リンスでヘアパックをして、ドライヤーする前にタオルドライをしっかりしてから、オイルを塗って乾かすことが、私のヘアケア対策です。(27歳)

 

 

 

守り髪 最安値は市販・販売店、楽天・Amazon・公式サイトのどこ? もくじ